川遊びを楽しむ!


by nkc2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プレ総会(一日目)

投稿者:会長
日時 10月27日(土)
出撃ポイント 長良川 コンノウェーブ
水量 美濃-0.59m
メンバー:会長、コニー(途中から)、花鳥(キャンプから)

11月10、11日に開催予定の秋のNKC総会に向けて、士気を高めるべく、プレ総会を決起しました。
土曜日は、花鳥は仕事、コニーは河童隊のダウンリバー、私は、野球の試合のため、集合は夜のキャンプからです。
と言っても、集まったのは3人だけ・・・・・まぁ、人数じゃなくて、大事なのはハートだからいいんですけど。。。

当初、木曽川を予定してましたが、水量が微妙に増えたため、長良に変更。
で、結局、雨で野球が中止になったため、一路コンノへ。
昼過ぎに、コンノについて、13時から漕ぎ出した。

先日開催されたスピリットカップ終え、エキスパートで決勝に残るためには、ループを決めるのが最低条件。だと、痛感しました。
決勝に残るためのルーティーンは、右ブラント、左ブラント、ループ、右カート、左カート。
これだけできれば、たぶん残れるはず。あとは、それを安定して繰り出せるかどうかでしょう。

あとは、マックナステーとか、時代は捻り系ですね(by 花鳥談)

と、本日のコンノでの練習の中心は、おのずとループに絞られました。

私が思う流水でのループのポイント以下の通り。
①真直ぐバウを挿さす。
 ・ただ挿せばいいと思ってましたが、真直ぐさすのが以外と難しかった。挿す前の状態が、上流に向かって真直ぐキープできているが重要かなぁ~と思いました。あまり、コツみたいなのはなく、慣れかなぁ~とも思いました。

②バウを挿したときの重心
 ・バウを挿すときは、(極力)トップの位置から、重心を前体重にし、バウを挿すきっかけをつくるが、挿す直前 or 挿している時には、重心をニュートラルから後ろにもってくる(極端な話、背中がスターンにくっつく感じ)。特に、挿している時は、つま先で立っている感じです(前体重にすると、そのまま単なる前転で終わってしまいました)。
(このつま先で立つ感じってのは、「フリースタイル圧力10MPa」を参照しました。この場を借りて、ありがとうございます!!!)

③腰の返し
挿した後は、浮力で浮かび上がるので、タイミングよく前転。
頂点に到達したときに、腰を返す。この腰の返しってのが、くせもので、この存在を理解するのに、Play boating JPをかなり読み返しました。確か、静水ループの章でした。コーヨー氏とカズヤ氏の解説だった気がします。この場を借りて、ありがとうございます!!!
特に腰の返しの練習は、布団の上で前転しまくりました。ゆっくり前転して、足から先に地面につくように、腰を返す。(スターンの先っちょうを、水面に挿す感じです)

特に、②、③がキモかな~とおもいました。

まぁ~、でも実際、ほとんどできないんで、あってるかどうかよくわからんですけどね~~~。
合ってるかどうか、誰かおしえてください!!

結局、3時間ぶっ通しで漕いで、めちゃくちゃ疲れました。
その夜は、コニー、花鳥の面々で、キャンプです。
コニーの準優勝、花鳥の合格祝いで夜が更けていきました。
キャンプサイコーです!!!
[PR]
by nkc2004 | 2007-10-27 21:14 | 長良川