川遊びを楽しむ!


by nkc2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:武庫川( 1 )

武庫川

投稿者:怪鳥
出撃日:8月15日(金)
水量:0.16m(道場) or 0.74m(生瀬)
区間:武田尾~生瀬(西宮名塩の西宝橋)約5キロ
メンバー:Captain、ラナ父、花鳥、AZMAX、怪鳥

お盆は、ラナ父、花鳥も含め、私も関西へ帰省しておりました。
残念ながら、今年のお盆休みは少なく、川には一日しかいけそうにありません。
というこで、NKCの関西メンバーと武庫川へ行って来ました。
武庫川は、昨年度、ラナ父とCaptainが行った事あるそうですが、非常に水質に問題があるそうです。まぁ、正直、久々に集うメンバーなんで、一緒に川にいければどこでもいいとは思っていたものの、PLAYBOATING@JP最新号の「激流座談会」のコーナーに出ておられた、宮本氏の最近の口癖が、「武庫川と保津川にはすべてがありますよ」とのこと。もちろん、そのコメントに感化されたことは言うまでもありません。

集合場所での花鳥。花鳥と会うのも久々です。アバクロ着てます。
d0057464_22441347.jpg


スタート地点の橋にて。
d0057464_22442854.jpg


やはり、川は汚いです。しかし、昨日までは渇水状態だったのですが昨晩の雨で程好い水量に。今回の遠征は、神も味方しています。
今日の編成は、Captain、ラナ父がダッキー。花鳥、AZMAXと私はカヤックです。
d0057464_22444184.jpg


AZMAXは、最近、ダッキーからカヤックに転職したばかりなのに、カヤックの扱いが非常に様になってきました。一人で洞門に通っているからでしょうか。なんしか、レベルアップ率が非常に高いです。今年のスピリットカップ、楽しみですね。
d0057464_22445816.jpg


さて、そうこうするとこんなコースへ遭遇。
左ルートは、2mくらいの滝落ちなのですが、右ルートがこの写真のコース。
d0057464_22451256.jpg

私は、この右ルートを選択。
といのも、写真中央には岩が川から顔を出しています。ちょうど落ち込み直後にあるため、ダウンリバー時には、落ち込みながらその中央の岩を避けるというテクニックを強いられます。ポイントは、コース取りと体重のかけるタイミングでしょうか。そう、選択した理由は、単純に練習したかったから。恐らく、今後行くであろう川ではこれ以上のレベルが待っているでしょうし。結果は、ぼちぼちなんとかいけました。
そのあと、ラナ父、Captainも下ります。
ラナ父は、さすがにダッキー界のカリスマ。あんなに大きなダッキーを上手く操作しながら、下ります。最近では、ダッキー界のみならず、カヤックを含めた川の世界でも、大きな影響力を持ちつつあります。
次に、ダッキーが久々なCaptain。最近は、もっぱら渓流釣りに明け暮れています。
久々にも関らず、見事な体重移動で、真ん中の岩をすり抜けます。
Captainのダッキー姿と言えば、飛水峡での核心部を下る時のイメージが記憶に新しいのですが、あの時とは完全に別物でした。あまりのスムーズさに、正直嫉妬すら覚えました。自分は、こんな短期間でものにできませんでしたから。やはり、元々はトップアスリート、きちっと頭で理解しているし、身体の使い方が上手なんですね。お盆を過ぎると、カヤックにシフトするそうです。今年のスピリットカップ、楽しみですね。

さて、とうとう核心部の4mの滝です。じつは、この後すぐに3mの滝もあります。
d0057464_22461349.jpg


4mの滝に、花鳥のバックドロップアタック!!


3mの滝へ、花鳥のアタック!!~そして、ハイテンションに・・


武庫川に、一番難色を示していた花鳥でしたが、滝落ち後は、うっとうしいくらいテンション高くなっていました。

大きな岩。この下に引き込まれたらやばそう。
d0057464_22463012.jpg


その後は、トロバが続きます。
ここでは、花鳥と静水プレイ対決でした。
やれ、ブラント⇒カート⇒スプリット⇒ループとか、
カート⇒スプリット⇒フォニックスとか、
バックスタブ⇒カート⇒スプリット⇒ループとか、
カート⇒クリーンカート⇒スーパークリーンカート⇒ループとか、できもしない技の応酬。
もちろん全部静水ですけど。
いや~、しかし、花鳥の静水プレイはいつ見てもキレがあります。
さすが、瀞場王ですね。

水質には、難有りでしたが、エキサイトな川くだりでした。楽しかったです。
本日の水量では、結構浅瀬が続いてましたが、多分もう少し増水したら、相当危険な川くだりになると思いました。

別れ際の瀞場王!!
d0057464_22464112.jpg


カヌーやカヤック等は、基本的には個人スポーツなので、北京五輪での野球やソフトの団体競技を観ていると非常に憧れます。もちろん、団体競技ならではの難しさはあるでしょうけど、感動を分かち合えるというのは、非常に羨ましいですね。
でも、そう言った意味では、ダウンリバー、特に初めて行く川や難しい川へ行く時は、団体スポーツのような一体感が味わえるような気がしました。

まぁ、それに、今年のスピリットカップでは、NKCからもたくさん出場しそうなんで、非常に楽しみですね。
[PR]
by nkc2004 | 2008-08-20 22:41 | 武庫川