川遊びを楽しむ!


by nkc2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
はじめまして、「F原」です。(会長の同僚7号くらいなので、以下「7号」で)
撃沈さん、会長、ヌーボー氏らNKC重鎮達にブログを書くという大役を命ぜら
れたので、書いてみます。
はじめてカヤックをやってから早1年、いろいろわかってないけど、ご了承を!

7/4の日曜日、あいかわらずのカヤックチームは予定より遅れ目に合流、「お待た
せしました」。
本日は、カヤックチーム(会長、ヌーボー、7号の3人)、ダッキーチーム(勇者
哲氏、ラナ父、後輩さんの3人)で全6人+ラナ犬で、三段上から、
子宝までのダウンリバ。

実はこのコース、前回2回沈脱したコースだ・・・まずい。しかも、撃沈氏による
と、前日怪我人が数名でて一人は肉が見えるまで手を切ったとか
・・・ますます、まずい。。最後は、撃沈氏「気を付けて!」と、7号「なにをど
う気を付ければ?」とも聞けず、良く分からないままテンション
下がり目に三段上に到着していたしだいです。

セッティングして、いざ川へ。まず、準備運動がてらフェリーグライドなどをし
つつ、いまだ3回した出来たことがないロール練習に。会長のアド
バイスを受けながら、連続3回失敗のあと、アドバイス通り左手固定を意識すると
、「あれ、出来た!」という感じで成功。今までは、1度成功して
も再現性はなく、一日一度の限定物だったロール、本日も一度の成功の後2度失敗
。今日はこれで終りかぁと思ったら、左手固定を意識するとまた
できた!!この後、連続2回成功、この日4回成功、、おぉ~、ロール成功回数が
一気に倍に増えました。かなり、満足。。昨日の怪我人の話もあっ
たので、もう帰ろうかと思ったくらいに。

なにはともあれ、いよいよダウンリバのスタート。
結構水量が多めらしく、スタート時には「水の流れがあるから、下るの楽だねェ
」とか話しているのを聞きつつ、この時点では「そうそう」と心の
中でうなずいてました。
「三段の瀬」では、コース取りをしっかり教わりつつ、スタート。無難にこなし
つつ、最後の瀬に突入。
この時、いつも助けてもらっているダッキーチームのラナ父に近づき過ぎていたため、
ぶつかりそうに。いつもよりかなり小さ目のダッキーに乗っていた
ラナ父はホント目の前で沈してしまった。
いつも助けられているので助けたいのはやまやまだったが、二次災害の
可能性100%だったので、先を急いでとろ場まで到着。ふぅー、
しかし、この後思いもしなかった難関が。
どうやら、「こぎあがり」と言うらしいが、瀬の横の逆流につかまり、
勝手にどんどん川上へ登って行く。横を見ればさっき下ったはずの瀬が見える。
途中何度も沈脱が頭をよぎったが、もう一度あの瀬に入るのは嫌だったので、
必死で漕いでいたら、ラナ父にロープで助けられ、なんとか難を逃れた。
さっきは見捨てて、「ごめんなさい」・・・
第一関門突破。
d0057464_2371548.jpg




「ドカン」では、しっかりコースを下見し、加えて勇者哲氏が波のてっぺんでダ
ッキーから浮いているのを見た、すっげぇ~波。
ここでもコース取りを教えてもらい、教わったとおり回避コースを通り、
頭よりも高い水の壁に突入するも、奇跡的に無事乗り越えた。おぉー。
d0057464_23151216.jpg
d0057464_23152241.jpg
d0057464_23153231.jpg
d0057464_23154350.jpg
d0057464_23155394.jpg
d0057464_2316346.jpg
d0057464_23161176.jpg
d0057464_23161836.jpg


「懺悔の瀬」では、コース取りはあの大きな岩を左に避けてと教わっていたら、
勇者哲氏が突入。目の前で、その大きな岩に突っ込んでいった、し
かも若干右側から。。いやぁ、うまい人はすごい無事乗り越えておられました。
教わった通りのコースをここでも通ることができ、途中腕が上がら
なくなるも、ここも、なんとか無事乗り越えられました。

終ってみれば、心の中でうなずいた“楽”の一文字は、全然で普段の3倍は疲れて
ました。あげくに、家に着いたらこれを書く間もなく、寝てし
まった。
でも、本日“ロール連続成功”“no沈脱”と終ってみれば、良い一日で達成感に
満たされました。撮ってもらった写真を見てさらに達成感UP。。次
回も楽しみっす。
[PR]
# by nkc2004 | 2005-07-03 22:59 | 長良川

初木曽川

6月19日 ながらは水量が少ないため、木曽川に行ってきました。
メンバーは怪鳥、花鳥のチキンコンビ+NKC初参加のOggy+Nu-坊

41号の橋の下からスタートです。
d0057464_22283978.jpg



初参加のOggy、話をしてみると実はチキンコンビと同じK大と言うことが判明!!
さらに怪鳥とは同じ学科でした。
世の中って狭いですね。
そんなこともあって、初めから意気投合した3人。
d0057464_22315276.jpg



途中の瀬で、プレイしながらダウンリバー。
d0057464_2237598.jpg

d0057464_22373478.jpg


エンダーを決めるOggy。とても去年からはじめたとは思えません。
d0057464_2238129.jpg



桃太郎港到着。
d0057464_22395111.jpg

d0057464_22403996.jpg


ばうすてまで決めてしまうOggy。d0057464_2241951.jpg



木曽川は、川幅が広く、波も大きかったですが、厳しいところは特になく
初心者にはよいかなという感じでした。
しかし、今回のダウンリバーはOggyのおかげで大変楽しいものになりました。
これに懲りず、また一緒にこぎまっしょ。
[PR]
# by nkc2004 | 2005-06-19 22:23 | 木曽川

プールで鬼ロール特訓

d0057464_1511403.jpg

6月12日は岐阜県、可児市カヌー協会のプール講習会におじゃまさせて頂きました。
実は可児市土田小のプールでは午前中に小学生のカヤック体験教室が開かれ、それをボランティアでお手伝いしている可児市カヌー協会の皆さんのお陰で、午後にプールをカヤッカーに開放させて頂いているものです。
この行事は毎年行われているらしく、去年、参加したハナイ君もこれをきっかけにロールが出来る様になったみたいです。
今年もNKCから初級者を中心に、多数参加させて頂きました。
d0057464_15391060.jpg



そして、またしてもバウステ対決勃発。キントキさんが頑張ります。


d0057464_1737543.jpg



前回、悔しい思いをしたクラモッチが対戦します。


d0057464_15171091.jpg

あれ?最後は鬼講師のノリタケさんも、いつのまにか試乗会へと、、、
それぞれ、ロール、バウステ、試乗とすっかり楽しめた様です。
クロサワさんや、ユミチャンも次回のDRではばっちりロールを決めてくれる鴨。
今回は鬼講師?のノリタケさん始め、可児市カヌー協会の皆さん、有難う御座いました。
プールはロール練習には最高っすね。
[PR]
# by nkc2004 | 2005-06-18 18:00 | その他

プラザ取材

こんばんにゃ。
5/22の月間プラザに取材&DRに参加された皆さん、お疲れサンバ♪
今回は岐阜近郊で約14万部を無料配布していると言う、雑誌「月刊プラザ」が7月号にNKCを紹介したいとの事で、取材がありました!
それを機にって訳では有りますが、ダウンリバーを開催しました。
ちょうど、最近NKCの仲間になったメンバーと春日井カヌークラブのメンバーも加わり総勢14艇でのDRは壮観でした。

d0057464_22282243.jpg


魚道の近くにある背をスカウティングするメンバー。
この日は水量も少なく、岩が沢山でていました。初心者にはドキドキものだった鴨。
そして、ここで長良川の餌食になったのは、ユミちゃんでした。
たった一人のスイマーにたくさんのレスキュー隊が群がり、無事レスキューも完了。

d0057464_22303697.jpg


美濃橋~下流は慣れたカヤッカーには退屈な事もあるかも知れませんが、今回は瀞場で
バウステーション大会!一番目立っていたのは、最近、めきめき上達している、アル!
この日もバウステをしっかりマスターしていました。
これでサーキット戦でも、いい成績が、、、!え?バウステでは点数は入らない。

d0057464_22313698.jpg


後半の瀬では、なんと、3名の沈脱者が!ゆみちゃん、くろさわさん、ふくなが君がナガラの餌食になりました。
ゴールの鮎の背に着くころには、それぞれ、静水ムーブと激流?で満腹でした。
一人、初心者もモリタ君は「もっと、激流に行きてぇ~」と叫んでいました。
今後が頼もしいっす。
そして、大人数でのDRは今回も楽しく、無事に終了しました!
[PR]
# by nkc2004 | 2005-05-22 22:32 | 長良川

プラザ前夜祭

こんばんにゃ。
5/21は明日のDR&取材に備えて?美濃橋でキャンプで前夜祭をしましま。
キャンプに付き物の焚き火もシチさんが持って来てくれた、枝、廃材をがんがんにくめて、キャンプファイヤーに成長。

d0057464_22103051.jpg


料理担当はボーボ、事ハナイ君。
本人は相当の食いしん坊らしく、さすがに料理も得意。
特性料理を美味しく頂きました。

d0057464_22111783.jpg


最後は、キャンプファイヤーに2年間寝ていた花火が加わり大盛り上がり。
コージさんが入れた火の玉花火が飛びまくり、みんな大絶叫。
ボーボは酔いも廻って、ファイヤーダンスを披露。
この夜の美濃橋の河原は熱かったっす。

d0057464_2212147.jpg

[PR]
# by nkc2004 | 2005-05-21 22:08 | 長良川