カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

四国遠征~大歩危岩原~小歩危大滝まで。

投稿者:会長
日時:8月15日(水)
水量:豊永 0.70~0.90m
メンバー:
 NKC:会長、会長嫁、花鳥、カヌーイストなラガーマン
 D&C:ラナ父、ラナ母、アズマックス、女優R、UNKO-MAN

二日目・・・・結局コースは、大歩危の岩原(テン場)から小歩危の大滝までになりました。

スタート直前の様子。

花鳥が水鉄砲で遊んでます。
d0057464_21151744.jpg



d0057464_21153525.jpg




さて、なぜこのコースになったかというと・・・・・・話を昨晩に戻しましょう。

元々の話では、ラナ父ガイドのラフト組、カヌーイストナなラガーマン(ともさん)とUNKO-MANのダッキー組、スプラッシャーズのカヤック組という編成でした。
基本的には、小歩危はすべて下見で、やばければ担ぐという宣言の元。

で、予習を兼ねて、ラナ父が所有する小歩危映像を皆で閲覧・・・・
d0057464_2119714.jpg


で、ここで一気にその場の雰囲気が一変した。
さて、私の見立てでは、
ラナ父・・・・・基本的にはダッキーで小歩危強硬派
      (但し、ラフトの場合は、周りの情勢を見つつ大歩危派)
ラナ母・・・・・大歩危でも問題ないが、基本的には小歩危論者
ともさん・・・・どちらかというと小歩危派(但し、すべて担ぐことを厭わない)
アズマックス・何も考えていない無党派層
女優R・・・・・・小歩危に興味を示す無党派層
UNKO-MAN・いつもの強気発言はなく慎重派
花鳥・・・・・・・・大歩危派(但し、小歩危でも問題なくいける)
会長・・・・・・自然派
会長嫁・・・・安全派

まぁ、これは、あくまで私の主観であり、実際とは異なっている場合が多々あります。
皆、小歩危には興味があるが、畏怖と技量的問題から、なかなか可決しない状態でした。
が、妥協案として、大歩危の曲がり戸と鮎戸を避けて、大歩危岩原~小歩危大滝となりました。

まぁ、無事終了したので、よい判断だったんでしょう!

お昼休憩です。
d0057464_21592564.jpg


森囲いの瀬の最大の落ち込み。この後、コマーシャルラフトは、ここに突っ込んで「くの字」になってました。
d0057464_2224115.jpg


森囲いの瀬の最大の落ち込みからの上流部。
d0057464_2225677.jpg



二段の瀬の一段目の様子。何やら水量がアップしたため、以前より巻きは弱そうな・・・
d0057464_2274572.jpg


二段の瀬を颯爽と下るともさん。基本的に担ぐ宣言でしたが、昨日、今日と無沈。いつの間にやら、相当腕が上がっているようです。見ていても安定感が感じられます。
d0057464_228459.jpg


大滝です。
d0057464_2294546.jpg


大滝の最後の落ち込みでラフトが遊んでいます??いたぶられている?
私は、沈したまま突っ込んでしまいました・・・・まだまだです。左右バランスよくなれないといけないですね。
d0057464_2210244.jpg



以上、予定通り、ここであがりました。
また、四国には遠征に行きたいですね!!!
皆さん、楽しい一時をありがとうございました!!
[PR]
by nkc2004 | 2007-08-18 22:17 | 吉野川